HOME > オーナーブログ > 地域社会 > 静岡市中心街に新たなランドマーク(静岡新聞の記事)

静岡市中心街に新たなランドマーク(静岡新聞の記事)

呉服町の入り口で再開発が進んでいた建物の愛称が決まったというもの。愛称は「呉服町タワー」で場所は静岡伊勢丹のすぐそばです。賃貸マンションのアガティス西草深、クラーク西草深からも徒歩10分程度の距離。この10年で、静岡市では、日興会館跡にできた「葵タワー」や西武デパートの跡にできた「パルコ」、新静岡センターがリニューアルして建て替えられた「セノバ」、東静岡の相川鉄工所の用地で開発された「マークイズ」に続き、「呉服町タワー」が完成する。人の流れが随時変わってきているが、新しい商業施設に期待が高まっている。

image006.jpg

  カレンダー

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



  アーカイブ